マンション管理マスター

海外赴任が決まったらマンションはどうする?売却と賃貸のメリットを徹底比較

海外赴任が決まると、自宅のマンションをどうするかが大きな課題となります。自宅を持っている場合、売却するか賃貸に出すかの選択は、海外生活の資金計画や将来の住まい計画にも大きく影響します。この記事では、マンションの売却と賃貸のメリットを深掘りし、海外赴任者が知るべき適切な管理と契約方法を解説していきます。

まず、マンションを売却する場合のメリットから考えてみましょう。売却は一時的に大きな現金を手に入れることができる最大の利点です。この資金は、赴任先での生活費や緊急時の備えとして重宝します。また、売却によって不動産の価値が下がるリスクからも解放され、管理の手間や費用を考える必要がなくなります。

しかし、売却にはデメリットも存在します。特に、不動産市場の状況によっては、期待した価格で売れない場合もあります。また、売却後に再び国内に戻った時に新たな住宅を探す手間と費用が発生することも考慮する必要があります。

一方、マンションを賃貸に出す選択肢も検討してみましょう。賃貸に出す最大のメリットは、安定した収入源となることです。海外での生活中も家賃収入が入るため、経済的な安心感があります。さらに、帰国後もすぐに自宅に戻ることができるため、住居探しの手間が省けます。

賃貸には注意点もあります。例えば、テナントの管理やトラブルが発生した際の対応が難しいという点が挙げられます。これに対処するためには、信頼できる不動産管理会社に管理を依頼することが重要です。管理会社には定期的な物件のチェック、テナントとの契約更新、日常のメンテナンスなどを依頼することになります。

海外赴任が長期にわたる場合は、特にマンションの適切な管理が不可欠です。適切な管理を怠ると、建物の劣化が進むだけでなく、法的な問題が発生する可能性もあります。また、賃貸契約を結ぶ際には、契約書に記載されている条件をしっかりと確認し、契約期間や更新条件、解約条件などを明確にすることが大切です。

最終的には、自身のライフスタイルや将来の計画、市場状況に応じて最適な選択をすることが求められます。不動産の専門家や税務アドバイザーと相談することで、より詳しい情報や専門的なアドバイスを得ることができます。赴任前にしっかりと計画を立て、自宅マンションを最大限に活用する方法を見つけましょう。

(c) マンション管理マスター